出産御祝

出産祝いはいつ頃贈ったらいいの?

産のお知らせを聞いたら早速に用意したいのが出産祝いです。
出産祝いを贈るタイミングは一般的には命名をお祝いする「お七夜」の生後7日からお宮参りをする1ヵ月とされています。
先方はお宮参りの頃に出産内祝いを準備するので、出産から2~3週間くらいに贈るのがベストタイミングといえるでしょう。
お祝いの時期を逃してしまった場合は、一言お詫びの言葉を添えて贈れば問題ありません。時期が経ち過ぎてしまった場合は翌年のお誕生日祝いとして贈るのもいいでしょう。

何を贈る?

出産祝いはベビー服など赤ちゃんが使うものを贈るのが一般的ですが、両親の好みもあるのでいくつあっても嬉しい タオルやおもちゃなどを贈ると喜ばれます。
最近では実用的で飾っても楽しめる『おむつケーキ』も人気です。
また、出産を頑張ったお母さんへのプレゼントもいいでしょう。
952b42a125d4cb0ab9c5f951c23db2fa
おむつケーキ

a96b4634764682c2bb300d0841279cfc
出産御祝用カタログギフト
1364fee4361fa27472abe4b4b3430df5
天使のガーゼ ベビーセット

気をつけることは?

予算は関係性によってことなりますが、一般的には
親族 10,000円~30,000円
友人・知人 5,000円~10,000円
会社関係 5,000円~10,000円
とはいえ、あまり高額すぎるのもお返しの際に困るので注意しましょう。

出産祝いで絶対にしてはいけないのが出産前に出産祝いを贈ることです。
出産後に母子の健康を確認してから贈るようにしましょう。
出産前に贈る場合は妊娠祝いとして贈るとよいでしょう。

どんなのしを付けたらいいの?

『紅白の蝶結び』です
一般的な表書きは
上書き「御祝」「出産御祝」
下書き「名字」

531a9017478667ea3bdd3455f808e01a
703292d051ef51d19d2e9cabba4b70e6
scroll-to-top